スポンサーリンク

デキるビジネスマンが実践している仕事に充実感を味わえる仕事術


仕事で成果を上げるビジネスマンには、仕事の取り組み方に対し自分のルールを持っている人が多く見受けられます。仕事ができる人はどのようなルールを設定しているのか。ワークライフを充実に感じているビジネスマンのルールを紹介します。

【1】ポジティブな人と仕事をする

186d5287ea822bb78fddfb705a1e3857_s

人は楽しい事に力を注げるものです。仕事が楽しくなれば、自然と集中し成果をあげる事ができるでしょう。もしあなたの周りに仕事を楽しんでいる人がいれば、それは大きなチャンスです。なぜならばその人と一緒に仕事をするだけで、自ずと楽しい感覚を覚える事ができるから。

【2】余裕を持つ事を大切にする

b93b834d607319a7c41adcef65b6da7d_s

心身ともに疲れが目立つ場合、良い考えは浮かびません。はたまた考えすぎるほどアイデアは出て来ないものです。クリエイティブな考えや些細な仕事のアイデアなどは余裕があり心が豊かな時に思いつくもの。頑張る事は非常に大切な事ですが、本当の意味で最大限のパフォーマンスを発揮できているか。ただ単にサボる事とは違いますが、時には休憩する事も大切です。体の疲労や心のストレスなど目に見えない疲れを客観的に捉える事が大事です。

【3】午前中のうちに思考が必要な仕事をする

7c68bbda3c65d64471cf3b23829d6fe0_s

疲労が少なく、頭が冴えているうちに難しい仕事をしましょう。1日の中でも出社をしてから時間が経てば経つほど、疲労はもちろん溜まります。考える事を要する仕事は最も頭がスッキリしている時間に行う方がもちろん効率的です。

【4】時間を決める

45d332709126521eb474ed96f1ab6750_s

一つの仕事に対して、最初から最後まで明確に取り組む事が分かっている場合は取り組む時間を決めましょう。終わりが決まっていなければついついSNSをチェックしてしまったりと余計な時間を生み出しがちです。些細な事でも目標が決まっていれば、達成に向けて取り組めるようになるでしょう。

【5】1日の仕事はその前日にイメージしておく。

4e63057b19bb53e3bc9f1db08040eab2_s

臨機応変に対応できる順応力ももちろん必要ですが、同じぐらい準備は必要です。前日に翌日の仕事をイメージして準備しておく事で当日の仕事が整理されます。起きるかもしれない突発的な出来事でさえもイメージできればよりスムーズに仕事に取り組めるでしょう。

あなたは仕事の取り組み方に独自のルールはお持ちでしょうか。長い時間を過ごす仕事だからこそ充実感を味わえるように過ごしたいものですね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする