スポンサーリンク

現代の採用の難しさ-今企業に求められる事は-


企業にとって人材は宝だ。その概念は多くの企業が持っているだろう。
企業によっては「人財」と表現するところも見かける。

優秀な人を採用したいと誰もが思うが採用の難易度は時代に連れて増すばかりだ。
新卒採用、中途採用どちらにも同じことが言える。

採用の悩みに頭を抱える経営者や担当者は少なくない。
内定辞退や面接のキャンセル、最近では連絡もなく面接に来ない等の事象は
多くの採用担当者のフラストレーションを溜めているだろう。

もっとも、逆に求職者側の視点に変えたときはまた別の課題が出るのだが、
今回は採用する企業側の視点で採用について考えたい。

どうすれば採用がうまくいくのか。その方法を暗中模索する企業は多い。
条件なのか、はたまた募集する方法なのか。

どちらも採用活動する上では大切な事だ。
しかし、決して条件がいい企業のみが採用を順調に行なっているわけではない。
現に条件が水準より低くてもうまく採用を行っている企業は多く存在する。

今の求職者の向き合い方に問題意識を唱える声も少なくない。

では採用がうまく出来る企業とそうでない企業とは何が異なるのか。
先述の求職者側の課題も存在するだろう。
今回はあくまで前提として採用企業側について焦点を当てている。

採用の仕事をしていた経験から結論を言うと「採用に対する重要性の感じ方」が異なる。
それは採用に対する努力や想いの差とも言える。
だから先述した条件改善や募集方法論は正解でもあり決してそれだけが本質ではない。

採用についてよくメディアに取り上げられるような企業は条件や内容ではなく、
その「企業全体」がブランディングとなり鏡になっている事が多く見受けられる。
労務環境や選考に独自性があり、取り上げられ注目を集める。

大きなスケールの話となっているが、それは努力の積み重ねだ。
どうすれば優秀な人が来てくれる会社、はたまた選考にできるか。採用活動に対するPDCAの積み重ねだ。

中小企業には大きなスケールのブランディングはできない可能性があるかもしれない。
規模は違えど採用に対する努力の重要性は変わらない。事実、採用がうまくできている中小企業も存在する。
選考の対応や募集の方法に思考を重ねたり、採用を軸とした条件改善を検討したりと、
「努力」という行為のスケールは違えど、自分達ができる採用に対する努力を積み重ねている。
条件改善や募集方法、対応や選考フローなど全てを含めた採用するための努力が必要なのだ。

重要なのは決して採用の難しさを今の求職者の意識にのみ焦点を当ててはならない。ということだ。

優秀な人材を採用するためにどれだけの努力を行動としてできているだろうか。
行なっていたとしてもまだ他にできることはないか。

口うるさいようだが、採用に対する努力をもう一度考えてみてほしい。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする