スポンサーリンク

株式会社ココナラについて調べてみた


自身の“得意なこと”をオンライン上で売買できるクラウドソーシングサービス「ココナラ」を運営する株式会社ココナラ。代表の南氏はオックスフォード大学でMBAを取得する程の敏腕社長。
そんな注目を集める株式会社ココナラとはどんな企業なのか。創業者である南章行氏や企業情報についてまとめました。

株式会社ココナラとは

株式会社ココナラの創業者ってだれ?

創業者である南章行氏は、1999年慶応義塾大学を卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。2004年企業買収ファンドのアドバンテッジパートナーズに入社。
2009年には、英国オックスフォード大学経営大学院(MBA)を修了。帰国後、NPO法人ブラストビートの設立を主導した他、NPO法人二枚目の名刺にも参加。2011年アドバンテッジパートナーズを退社し、自ら代表として株式会社ウェルセルフ(現株式会社ココナラ)を設立。知識・スキルのマーケットプレイス「ココナラ」を運営。

2012年1月
株式会社ウェルセルフを設立し、2014年6月に社名を株式会社ココナラに変更。

株式会社ココナラの会社情報について

資本金   376,558千円(15年11月時点)
設立年   2012年1月4日
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町2-9 第1カスヤビル5F
2016年11月現在





株式会社ココナラってなにをやっている会社なのか

クラウドソーシングサービス「ココナラ」を運営。

【具体的には】
ココナラは「知識・スキル・経験」を気軽に売り買いできるオンラインマーケット。友達に聞かれたり、お願いされるような「あなたの得意」を簡単出品。恋愛の相談から本格占い、キャッチコピー・ロゴ・イラスト作成まで全て500円から売買できる。

株式会社ココナラのビジョンとは

一人ひとりが「自分のストーリー」を生きていく世の中を作る

株式会社ココナラについての記事

下記、株式会社ココナラについての詳しい情報なども掲載されてありますので、参考にしてみてください。

「オックスフォードMBAで得た知識と経験を活かして、人々が”生きる力”を得るサポートをしていきたい」

『自分のストーリー』を生きる―《ココナラ》南章行氏が語る、これからの時代の仕事観。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする