スポンサーリンク

株式会社サイバーエージェントについて調べてみた。


_mg_9294

インターネット産業において自社メディアの運営や広告代理事業を展開している株式会社サイバーエージェント。インターネット業界に先導し、様々なサービスを世の中に生み出し続けるサイバーエージェントとはどんな企業なのか。創業者である藤田晋氏や企業ストーリーをまとめました。

サイバーエージェントとは

サイバーエージェントの創業者ってだれ?

株式会社インテリジェンスを経てサイバーエージェントを立ち上げた藤田晋氏。
設立後は26歳の若さで当時史上最年少の東証マザース上場を果たした。
堀江貴文氏、楽天株式会社の三木谷浩史氏ら同様に『ヒルズ族』を代表する人物。

サイバーエージェントの会社情報について

資本金 72億300万円
設立年月 1998年03月
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
 2016年11月現在



サイバーエージェントってなにをやっている会社なのか

インターネット産業において自社メディアの運営や広告代理事業を展開している会社です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-03-13-%e5%8d%88%e5%be%8c3-55-49

【具体的には】
①著名人も多数利用するブログ『Ameba』

19,500人以上の著名人が参加しサイバーエージェントが運営する「Ameba」においてオフィシャルブログを展開。MUB(マンスリーユニークブラウザ)は1,000万以上にのぼる。

②今後成長が期待される動画事業。インターネットTV局『AbemaTV』
③キュレーションメディア『Spotlight』『by.S』
④インターネット広告代理事業

他にも『グランブルーファンタジー』を筆頭に多数のゲームをリリース。
主要関連会社は50社以上にものぼり、多岐に渡る事業展開を行っている。
曽山氏などを中心に社内の人物がメディアで取り上げられる事も多く、
また新卒社員を関連会社の社長に抜擢するなど大胆な経営が話題を呼ぶ事も多い。

サイバーエージェントのミッションとは

「21世紀を代表する会社を創る」

インターネット産業において挑戦を繰り返し続ける。
また優秀な社員が多い言われており、有能な社員が長く働き続けられる企業体質の姿を追っている。

大きな話題の沿革を追う

1998年3月株式会社サイバーエージェント設立
1999年12月1999年度ベンチャー・オブ・ザ・イヤー受賞
2000年3月東京証券取引所マザーズに上場
2004年9月ブログサービス「アメーバブログ(現Ameba)」を開始
通期黒字化、配当開始
2006年3月「Ameba」会員数が100万人を突破
2009年5月ゲーム事業に参入
9月「Ameba」四半期黒字化
2010年7月「Ameba」会員数が1,000万人を突破
2011年9月連結売上高が、1,000億円を超える
2014年9月東京証券取引所 市場第一部へ上場市場を変更

サイバーエージェントについての記事

下記、サイバーエージェントについての詳しい情報なども掲載されてありますので、参考にしてみてください。

サイバーエージェント、売上高・営業益とも過去最高 スマホゲームはガンホー抜く規模に

サイバーエージェントの半期毎決められるスローガンは何だかんだで秀逸だと思う

サイバーエージェントの採用は明確ですごいなーと思った話