スポンサーリンク

株式会社ジモティーについて調べてみた


image1
引用:http://jmty.co.jp/archives/5605

クラシファイドサイトという、「売ります・あげます」のような個人広告を集めて掲載するサイト「ジモティー」を運営している株式会社ジモティー。身近な地元の人々を繋ぐことで、様々な領域の広告が掲載されている。そんな株式会社ジモティーとはどんな企業なのか。創業者である加藤貴博氏やサービスについてまとめた。

株式会社ジモティーとは

株式会社ジモティーの創業者ってだれ?

リクルート出身の加藤貴博氏だ。早稲田大学卒業し、2001年にリクルートへ入社。広告営業や求人誌、インターネットマーケティング、事業開発グループなどを経て、そこで培ったノウハウをもとに起業を決意。2011年にジモティーを設立。

株式会社ジモティーの会社情報について

資本金 1億7480万円(資本準備金1億7470万円)
設立年月 2011年2月16日
本社所在地 東京都品川区西五反田1-30-2 ウィン五反田ビル4階
 2016年11月現在

株式会社ジモティーの経営理念とは

「地域の今を可視化する」

今、この瞬間い地域の中で困っている人が情報発信できるようにする。
今、この瞬間に地域の中で助けられる人に情報を届ける。





株式会社ジモティーてなにをやっている会社なのか

ユーザー数100万突破の地域広告掲示板サイト「ジモティー」を運営しております

同社は2011年2月にインフィニティ・ベンチャー・パートナーズが中心となって設立され、日本最大級の情報掲示板『ジモティー』を企画・運営している会社になります。

地元の様々なカテゴリの情報を掲示板形式で掲載するサービスとなっており、投稿は個人でも法人でも無料で行うことができます。掲載情報のカテゴリは、「中古品の売買」、「アルバイト情報」、「ペットの里親募集」など多岐に渡りますが、「300坪の土地を無料でお譲りします」、「いらなくなった冷蔵庫を差し上げます」といった、不用品を地元でリユースする目的での投稿が多いサイトとなっております。現在のユーザー層は主婦の方が中心となっており、サイトオープンから約6年で月間1億PVのサービスに成長しております。

★読売新聞や朝日新聞、TBSの情報番組「Nスタ」、情報誌「日経トレンディ」「an・an」などメディアにも多数取材を受け、非常に注目されているサービスです。

株式会社ジモティーの会社特徴について

株式会社ジモティーのビジネスモデル・市場規模について

「ジモティー」は地域の無料広告掲示板です。個人間取引を中心とした「売ります・あげます情報」「不動産情報」「求人情報」「イベント情報」等の目的に分類された募集広告や告知を無料で掲載できるインターネットサイトです。
この事業モデルは「クラシファイドサイト」と呼ばれ、アメリカでは「Craigslist」が有名になります。世界最大のクラシファイドサイトである Craigslist では毎月20億PVを超えるアクセスがあり、月に8000万件以上の広告が投稿されております。Craigslist は、社員数30人で、売上150億円、利益100億円であり、Facabook、Googleを超える生産性を誇っておりますので、日本でも大いに可能性を秘めている市場と言えます。

※スマートフォンユーザーの95%はローカル情報を検索しているというデータがあり、スマートフォンが急激に普及している今、ジモティーの潜在顧客も急増しております。

株式会社ジモティーにおける資金調達について

2011年5月にKDDI、三菱UFJキャピタル、インフィニティ・ベンチャーズより1.5億円の資金調達を実施。さらに2013年8月にもサンケイリビング新聞社との事業提携と同時に、フジ・スタートアップ・ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資を行いました。

株式会社ジモティーについての記事

下記、株式会社ジモティーについての詳しい情報なども掲載されてありますので、参考にしてみてください。

株式会社ジモティーを退職して光の戦士になりました

株式会社ジモティーへの出資について

3年連続調達の「ジモティー」の昨年の純損失は1億円超:1分で読める注目の非上場企業の決算まとめ

【挑む】ジモティー・加藤貴博社長 個人広告サイト 月間訪問1000万人視野

「お醤油貸して」のコミュニケーションをウェブで復活させる クラシファイド広告サービス「ジモティー」の可能性