スポンサーリンク

株式会社リブセンスについて調べてみた。


『ジョブセンスリンク』や『転職会議』を運営する株式会社リブセンス。
「IT」×『人材』領域に参入し、2012年に史上最年少上場など果たし、動向が注目を集める株式会社リブセンスとはどんな企業なのか。創業者である村上太一氏や企業ストーリーをまとめました。

リブセンスとは

リブセンスの創業者ってだれ?

早稲田大学中にリブセンスを立ち上げた村上太一氏。
在学中にビジネスコンテストで優勝し、オフィスを手にいれる。なお翌年のそのビジネスコンテストで優勝したのが「秒速で1億円稼ぐ男」として注目を集めた与沢翼氏。

2012年に当時25歳の若さで東証一部上場を果たし、当時最年少上場記録更新となった。

リブセンスの会社情報について

資本金 2億3200万円
設立年月 2006年02月
本社所在地 東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル5F
 2016年11月現在




リブセンスってなにをやっている会社なのか

就職、転職その他仕事にまつわるインターネットメディア運営事業

【具体的には】
①正社員、契約社員専門の求人に特化した『ジョブセンスリンク』
②派遣社員の求人を専門としたサイト『ジョブセンス派遣』
③企業の評判や入社対策、社風などのクチコミ情報を掲載「転職会議」
④企業のクチコミ情報や就活生のリアルな活動情報「就職会議」

リブセンスのビジョンとは

「あたりまえを、発明しよう。」

沿革

2006.2 株式会社リブセンス設立
2006.4 アルバイト求人サイト「ジョブセンス」を、PC版・モバイル版にてサービス開始
2007.3 「ジョブセンス」をリニューアルし、全国展開
2008.5 「ジョブセンス」の求人情報掲載数が1万件を突破転職求人サイト「ジョブセンス社員」を、PC版・モバイル版にてサービス開始
2008.8 東京都新宿区(高田馬場)へ本社移転
2008.1 0資本金を300万円から1,500万円へ増資
2009.4 転職求人サイト「ジョブセンス社員」をリニューアルし、「ジョブセンスLink」へ名称変更
2009.11 派遣社員求人サイト「ジョブセンス派遣」を、PC版・モバイル版にてサービス開始
2009.12 東京都渋谷区へ本社移転
2010.4 賃貸情報サイト「DOOR賃貸」を、PC版・モバイル版にてサービス開始
2011.8 本社移転 (同一ビル内でのフロア移転)
2011.12 東京証券取引所マザーズ市場へ株式上場転職クチコミサイト「転職会議」の会員機能をリニューアルし本格稼働
2012.3 転職求人サイト「ジョブセンスLink」を「ジョブセンスリンク」へ名称変更
2012.10 東京証券取引所市場第一部へ市場変更
2013.1 東京都品川区(目黒)へ本社移転
2013.2 コーポレートビジョンおよびロゴを変更
2013.6 賃貸情報サイト「DOOR賃貸」をリニューアルし、「door賃貸」へ名称変更
2014.2 株式会社ユニラボと業務提携し、ビジネス比較・発注サイト「imitsu(アイミツ)」の共同運営を開始
2015.4 海外ファッションサイト「waja」等を運営する株式会社wajaをグループ化
2015.4 新卒就職活動サポートサイト「就活会議」(β版)を提供開始
2015.8 医療情報サイト「治療ノート」(β版)を提供開始
2015.8 不動産情報サービス「IESHIL(イエシル)」(β版)を提供開始
2015.9 宮崎市に求職者の電話サポートを行うコールセンターを新設

リブセンスについての記事

下記、リブセンスについての詳しい情報なども掲載されてありますので、参考にしてみてください。

「深夜までただ働き続けた」 最年少上場のリブセンス村上社長が語る、ベンチャー的な働き方

リブセンス・村上太一社長 史上最年少で株式上場 海外進出にらみ現在英語の勉強中

株式会社リブセンスに行ってきた!