スポンサーリンク

株式会社ノハナについて調べてみた


ノハナは、株式会社ミクシィの社内ベンチャー制度から生まれた100%子会社である。スマホで簡単&お得にフォトブックが作成できる「ノハナ」は、今ではクチコミを中心に130万人を超える人々に利用されているサービスへと成長した。
そんな注目を集める株式会社ノハナとはどんな企業なのか。創業者である大森 和悦氏や企業情報についてまとめた。

株式会社ノハナとは

株式会社ノハナの創業者ってだれ?

創業者である大森 和悦氏は、東京学芸大学卒業後、株式会社ミクシィに入社。その後、新規事業創出を目的とした部署「イノベーションセンター」の案件として株式会社ノハナをスタートさせた。

株式会社ノハナの会社情報について

資本金 1億円(資本準備金含む)
設立年 2013年9月2日
本社所在地
2016年11月現在

株式会社ノハナってなにをやっている会社なのか

・フォトプロダクト販売事業
・マーケティング支援事業
無料フォトブックをはじめ、子育てに役立つ情報提供など、子育て中のパパママにとって嬉しいさまざまなサービスを展開している。

【具体的には】

毎月フォトブックを1冊無料で送ってもらえる(+送料216円)
※無料権ご利用後、次の無料権を取得するまでのフォトブック料金は、540円(税込)+送料です

株式会社ノハナのミッションとは

株式会社ノハナの社名の由来とは

ノハナをアルファベットで表すと「nohana」。
「ohana」は、ハワイ語で「家族」。アルファベットのmの次はn。
「mixi(ミクシィ)」のネクストステージを牽引するサービスとして、
ミクシィの考える、人と人の心地よいつながりを、家族の中へ。
家族間のコミュニケーションに笑顔が咲くきっかけとなる、
そんな家族の花のような存在になりたい。
ノハナには、そんな想いが込められています。

株式会社ノハナについての記事

下記、株式会社ノハナについての詳しい情報なども掲載されてありますので、参考にしてみてください。

「値上げしたら購入率があがった」mixi発のフォトブックアプリ「ノハナ」に起きた想定外の価格マジック


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする