スポンサーリンク

株式会社タウンWiFiについて調べてみた


タウンWiFiを運営する株式会社タウンWiFi。『IT』 × 『通信』領域に参入し、2016年11月18日 Tech Crunch Tokyo 2016のスタートアップバトルにて審査員特別賞を手にするなど、動向が注目を集める『株式会社タウンWiFi』とはどんな企業なのか。創業者である荻田 剛大氏や企業ストーリーをまとめました。

タウンWiFiとは

タウンWiFiの創業者ってだれ?

・荻田 剛大

1982年10月15日生まれ 慶應義塾大学卒業後、楽天株式会社に新入社員として入社し、開発部署&マーケ部門に所属。 通信制限に引っかかって、ネットをしなくなるユーザが増えていることが日本のインターネット業界の損失だと考え、何とかするためにWiFiシェアリングサービスを立ち上げ。 2015年4月に合同会社WiFiシェア設立。

参照
※現在は株式会社タウンWiFiです。

タウンWiFiの会社情報について

資本金 6125万6738円
設立年月 2015年4月27日
本社所在地 東京都港区虎ノ門2-7-16
2016年11月現在



タウンWiFiってなにをやっている会社なのか

クラウド型の通信会社です。

【具体的には】
①「タウンWiFi」の開発・運営をおこなっております。
タウンWi-Fiとは、街中のWiFiに自動で接続することのできるアプリです。

タウンWiFiのミッションとは

「通信料/量を気にしない世界をつくる」

タウンWiFiについての記事

下記、タウンWiFiについての詳しい情報なども掲載されてありますので、参考にしてみてください。

無料Wi-Fiに自動で接続するスマホアプリ「タウン WiFi」、英語・韓国語・中国語に対応開始

「利用者の声の見える化をしたかった」 街中のWi-Fiに接続できる「タウンWiFi」の大量リプライ騒動

タウンwifiアプリの危険性・評判を解説!

TechCrunch Tokyo 2016でのピッチはこちら


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする