スポンサーリンク

ウェルスナビ株式会社について調べてみた


ロボアドバイザーが、「世界の富裕層が利用する金融アルゴリズム」で、「完全に中立な立場」から、「国際分散投資」をすべて「自動」で行う『WealthNavi』を提供するウェルスナビ株式会社。
スタートアップ向けベンチャーキャピタルのサイバーエージェント・ベンチャーズが開催する年次のショーケース・イベント「RisingExpo 2016」で日・米・韓・東南アジア選出のファイナリスト15社の中から『グランプリ』獲得し、注目を集めるウェルスナビ株式会社とはどんな企業なのか。創業者である柴山 和久氏や企業情報についてまとめました。

ウェルスナビ株式会社とは

ウェルスナビ株式会社の創業者ってだれ?

創業者である柴山 和久氏は、2000年に東京大学法学部を卒業後、財務省に9年間勤務。
ハーバード大学にて金融取引法を学んだ後、日英の財務省で予算、税制、国際交渉に参画。INSEADで金融工学を学んだ後、2010年にマッキンゼーに入社。ウォール街の機関投資家にて10兆円規模のリスク管理・資産運用プロジェクトに携わる。2015年3月に退社し、TECH::CAMP第6期に入学。卒業直後に、WealthNavi(ウェルスナビ)株式会社を設立。ニューヨーク州弁護士登録。

ウェルスナビ株式会社の会社情報について

資本金 21億5,425万円(資本準備金を含む)(2016年10月11日現在)
設立年 2015年4月28日
本社所在地 東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル3F
2016年11月現在

ウェルスナビ株式会社ってなにをやっている会社なのか

WealthNavi(ウェルスナビ)は、お客様一人ひとりにとって最適な資産運用を、ネットを通じて自動的に提供するサービスである。最低投資額は100万円、手数料は預かり資産の1%(年率、税抜)だという。
ロボアドバイザーが、「世界の富裕層が利用する金融アルゴリズム」で、「完全に中立な立場」から、「国際分散投資」をすべて「自動」で行う。

ウェルスナビ株式会社のミッションとは

「働いている人が、豊かさをより実感できるように」

ウェルスナビ株式会社についての記事

下記、ウェルスナビ株式会社についての詳しい情報なども掲載されてありますので、参考にしてみてください。

「マッキンゼーの支社長にもプログラミングをやるべきと言われた」 10兆円のリスクマネジメントを経験したFinTech起業家が非エンジニアから5週間で生み出したサービス

資産運用ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)、Rising Expo 2016において『グランプリ』を獲得!!

財務省、マッキンゼーを経て起業 千差万別の金銭感覚からわかったこと


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする