スポンサーリンク

若手ビジネスマンに伝えたい成長できるマインドセット


仕事において大成できるかどうかは姿勢や考え方に左右されます。経験やスキルは時を重ねれば身につくものですが、それを活かすも殺すも個人の考え方次第です。あなたが成長したい、上昇志向が強いのであれば仕事への取り組み方について考える必要があります。その取り組み方について、トップ営業マンが実践している志向的方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

【1】小さな仕事にどれだけの価値を見出すか。

1ec06712398a268d459977bf10449172_s

日々の仕事の中では、人の視線を集める仕事からもはや誰も見ていないような仕事も存在します。誰もが関心のある仕事に注力する事は皆できる事ですが、小さな仕事を大きな価値にする事は誰にでもできる事ではありません。一つの一つの仕事に必ず「目的」が存在するはずです。その目的を最大限化できる仕事をできていますか?
その取り組みはやがて社内を動かす大きなプロジェクトになるかもしれません。

 

【2】「勉強した気」になっていないか。

0cbd872d08f43fdd691f309dcfb8f0e2_s

ビジネスマンにとってインプットする事は成長する事に必要不可欠な事です。しかし、本質的に必要なのはインプットした事を「理解」する必要があります。理解した事を測る尺度はアウトプットする事で計れますが、人に伝えるためにはその当人の「体験」が必要です。つまり、自分がインプットした事を自身の生活に取り込み、その知識を体感する事が必要です。

 

【3】周囲に積極的に知識を共有する。

47f93d9b72ff01310ca28d45693b87c0_s

仕事の成功体験や活用できる知見などは周りの人々に共有しましょう。自分で知見を活用する事よりも、他者がその知見を活用する事の方が遥かに難しいです。そしてその行動はあなたが知見共有する事に見返りを求めるか否かに関わらず、自身が持っていない知見を他者が与えてくれるようになり、また新しく知らない事を知る事ができるチャンスを生む事ができます。

 

【4】目の前の利にのみ焦点をあてていないか。

a41ef07a63f8cfb56fa297c8117960

特に営業という仕事をしている人に言える事ですが、目に見える利にのみ注力してしまいがちです。営業にとっての成果は契約ですが、人は目前の契約にのみ集中しがちです。目の前の成果に注力する事は誰しもができる事ですが、それ以外の見込み顧客を大切にできるかどうかは意外と多くの人が実践できていない事です。つまりは利の大小に関わらずすべての仕事を丁寧に行う事ができるかどうか。自分で自分の成果の可能性を狭めるような事はしていませんか。

あなたは仕事に対してどのようにマインドセットしていますか。
もう一度考えてみる、はたまたあなたが成果をあげているのであれば、自身のマインドを文章にしてみても面白いかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする