スポンサーリンク

「好きでない仕事」が“プロ意識”を生んだ。LINE前社長・森川亮氏が明かす、新たな挑戦への引き金


日々の仕事の業務の中で自分の意思とは異なる事に取り組まなければならない。そう思いながら仕事をしている若手ビジネスマン、またウーマンも多いのではないだろうか。しかし自らの思想の範囲を超える事で成長をする事もある。それには自分の意思とは異なる事をやる事が最も早く、最も効率的な機会体験ができる。

続きを読む


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする