スポンサーリンク

経営者の「数字リテラシー」が上がれば、競争力は向上する


日本企業がなかなか海外で成功しない理由として、言語以外にも実は欠けている点があった。理由は様々あるが「経営者が海外事業の業績をタイムリーに捉えておらず、取るべき対策・戦略が後手に回り、損失が拡大した」ということが大きな原因になっているケースが少なくない。最近でいくと楽天が2016年 2月にインドネシア、マレーシア、シンガポールのマーケットプレイス閉鎖を発表している。一方韓国企業のスピードは日本企業をはるかに上回っている。

続きを読む


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする