スポンサーリンク

freee株式会社について調べてみた|創業者・事業内容・特徴


クラウド会計ソフト『会計フリー』やクラウド給与計算ソフト『給与計算フリー』などクラウドサービス開発をおこなっているfreee株式会社。クラウドソフト開発によってスモールビジネスの成長段階をサポートするfreee株式会社とはどんな企業なのか。創業者である佐々木大輔氏やサービスについてまとめました。

スポンサーリンク

freee株式会社とは

freee株式会社の創業者ってだれ?

多くのトップクラス企業での経験を持つ佐々木大輔氏。
一橋大学在学中にインタースコープ(現マクロミル)、その後博報堂、CLSA キャピタルパートナーズ、ALBERTを経てGoogleへ。
Google にて、コンシューマ向けマーケティング戦略プランニング、Goole マップのパートナーシップ開発、日本およびアジア・パシフィック地域の中小企業向けマーティングの統括などを歴任した後、2012年7月にCFO株式会社を設立し、全自動のクラウド型会計アプリ「freee (フリー)」を開発。
『2015ForbesJAPAN 日本の起業家BEST10』に選出。

freee株式会社の会社情報について

資本金62億5619万円(資本準備金等含む)
設立年2012年7月
本社所在地 東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
 2016年11月現在

freee株式会社の事業内容

スモールビジネスの各成長段階をサポートするサービスを提供している会社。

【具体的には】

①会計の専門知識がなくても、経理をまとめて効率化クラウド会計ソフト『会計フリー』
②シンプルな操作で給与事務を完結。クラウド給与計算ソフト『給与計算フリー』
③5分でできる最も簡単な会社設立ができる『会社設立フリー』
④個人事業の開業手続きが無料かつ簡単かつ最速の『開業フリー』

【全自動のクラウド会計ソフト「freee」を提供/クラウド会計ソフトにおいて圧倒的シェアNo.1の実績】

同社は全自動のクラウド会計ソフト「freee (フリー)」を提供しています。
「freee (フリー)」は、2013年3月にリリースされ、スモールビ時事ネス(個人事業主、中小企業、ベンチャー企業)をターゲットにサービスを提供しています。リリース後は各種メディアで話題となると同時に、口コミで広まり、リリースから2年でクラウド型会計ソフト利用者の4割強が利用するなど、クラウド会計ソフトにおいて、シェアNo.1の実績を誇っています。

※クラウド会計ソフトにおいて、freeeがシェアNo.1「クラウド会計ソフトの利用動向調査」

・クラウド会計ソフト『freee (フリー)http://www.freee.co.jp/features』
⇒簿記の知識がなくても簡単に使える、個人事業主や中小企業のためのクラウド会計ソフトで、銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込み、記帳を自動化する新しいタイプの会計ソフトです。日々の経理作業がおよそ50倍(同社実測値)の速さで行え、また特別な簿記の知識がなくても、確定申告・青色申告や法人の決算に必要な決算書等の作成までを簡単に行うことができます。

freee株式会社の特徴

【スモールビジネス×クラウドに特化/ターゲット市場】
日本の中小企業のクラウドサービスの利用率は米国の1/3程度に過ぎません。米国並みに利用が増えることによって、中小企業やベンチー企業による売上が年間6兆円増大すると考えられます。6兆円という額は、広告市場の市場規模に匹敵し、日本経済にインパクトを与える額です。今ある中小企業向けのクラウドサービスは3倍以上の値段を払わなくてはならないのが実情です。同社はこの状況を変え、スモールビジネスの活性化をテクノロジーの面から支援します。クラウドサービスの浸透が進まない日本を変えるようなプロダクトをつくれば、それはおそらく世界を変えるプロダクトになります。そして、これまで各企業に分散されていた会計・財務に関するデータが集合することで、全く新しい価値を生み出せる可能性も秘めています。

【「小さなビジネスほど強くてカッコいい」そんな時代を創ります】

同社はクラウド会計ソフトにおいてシェアNo.1のプロダクトとして成長しました。しかし、実現すべきことは、「スモールビジネスに携わるみんなが創造的な活動にフォーカスできる」ことであり、このミッションを追いかけるためには、単に会計ソフトや給与計算ソフトだけでは不十分です。会計ソフトという、あらゆるビジネスで必要とされる根幹となるシステムを基点に、スモールビジネスにっとてビジネスのプラットフォームとして成長し、大きな価値を提供していくのが今後の構想です。これまでにない新しい価値を生んでいきます。小さなビジネスほど強くてカッコいい。そんな時代を創ります。

freee株式会社のミッションとは

「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるように」

freee株式会社についての記事

下記、freee株式会社についての詳しい情報なども掲載されてありますので、参考にしてみてください。

「本質を見極める」 freee流、ブレない組織の作り方。

freee 株式会社 が引っ越したらしいので行ってきた!

freeeのオフィスには紙がないってホント?目指すペーパーレスな世界観も聞いてみた!