スポンサーリンク

楽天株式会社について調べてみた|創業者・事業内容・特徴


c180c532
引用:http://blog.kushii.net/archives/2006852.html

「楽天市場」などのインターネットサービスや金融事業をグローバルに展開する楽天株式会社。日本の野球球団「東北楽天イーグルス」の球団オーナーでもあり、最近では、スペインの名門サッカーチーム「FCバルセロナ」との間で4年間のパートナー契約を締結し、更に注目を集める楽天株式会社とはどんな企業なのか。創業者である三木谷浩史氏や企業情報についてまとめました。

スポンサーリンク

楽天株式会社とは

楽天株式会社の創業者ってだれ?

今や日本を代表する経営者となっている三木谷浩史氏だ。
一橋大学を卒業し、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行した経歴を持つ。また、その後は、ハーバード大学でMBAを取得している。

楽天株式会社の会社情報について

資本金 203,587百万円(2015年12月31日現在)
設立年 1997年2月7日
本社所在地 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス
2016年11月現在

楽天株式会社の事業内容

■インターネットサービス
・市場事業
・トラベル事業
・その他、国内インターネットサービス
・海外事業等
楽天市場、楽天Kobo、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天オークション 他

■金融サービス
・クレジットカード事業
・銀行事業
・証券事業
・電子マネー事業等
楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天Edy 他

楽天株式会社のミッションとは

「イノベーションを通じて、
人々と社会をエンパワーメントする」

沿革

1997年
2月7日 – 株式会社エム・ディー・エム設立。
5月1日 – 楽天市場を開設。
1999年
6月 – 商号を楽天株式会社に変更。
9月 – インターネットオークション事業楽天フリマ開設。
2000年
4月19日 – 株式を店頭市場(現 ジャスダック証券取引所)に登録(上場)。
2003年
9月17日 – マイトリップ・ネット株式会社(後の 楽天トラベル株式会社 「旅の窓口」運営)を日立造船株式会社より買収、完全子会社化。
2004年
9月22日 – 株式会社あおぞらカード(現 楽天カード株式会社)を買収、完全子会社化。
10月28日 – ゴルフ場予約サービス「GORA」「Golf Port」「楽天ゴルフ」を統合し、「楽天GORA」開始
10月29日 – 株式会社楽天野球団を設立。
11月2日 – NPBの承認を得て、プロ野球への参入が決定。
2005年 – 10月13日 – 楽天グループが東京放送(現・東京放送ホールディングス)の全発行済み株式の15.46%を取得した旨の株式大量保有報告書を関東財務局に提出すると共にその旨を発表した。(後の2011年5月、約1,000億円投じた東京放送ホールディングスの株式を約500億円で手放した。)
2006年 – 12月1日 – NTTドコモとインターネットオークション事業に関して業務・資本提携し楽天オークションを設立。
2010年 – 3月18日 – イーバンク銀行の完全子会社化と「楽天銀行」への商号変更を発表。
2011年 – 11月9日 – カナダの電子書籍販売会社コボを買収。
2012年7月 – 楽天の社内公用語を英語化した。
2013年12月3日 – 東京証券取引所市場第一部に市場変更。
2014年
7月1日 – エアアジア・ジャパンに出資。
12月6日 – クリムゾンフットボールクラブ(ヴィッセル神戸)の全株式取得を発表。
2015年 – 6月22日 – 本社を世田谷区玉川(二子玉川)の二子玉川ライズ[3]にある新社屋「楽天クリムゾンハウス」へ順次移転(9月下旬に一部の関係会社を除き概ね移転完了)。
2016年 – 11月16日 – リーガ・エスパニョーラに所属するFCバルセロナと2017年から4年間スポンサー契約をすることが発表された。

楽天株式会社についての記事

下記、楽天株式会社についての詳しい情報なども掲載されてありますので、参考にしてみてください。

三木谷社長「楽天が成功したとは思っていない」–ビジネスとは“永遠に続く山登り”である

「企業として」と「起業家として」 楽天・三木谷浩史のイノベーションの秘訣

世界進出は勝つまでやり続ける


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする